イベント

Supermicroは最新サーバーを展示、NTTデータ先端技術ブースには各社のHVDC対応製品も

~データセンター展会場レポート

 「クラウドコンピューティングEXPO」「情報セキュリティEXPO」「データセンター展」など13のIT専門展を併催する「Japan IT Week 春 2017」が10日、開幕した。会場は東京ビッグサイトで、5月12日まで開催される。

 本稿dえは、主に「データセンター展」からいくつかの展示を紹介しよう。

Supermicroの意欲的なスペックのサーバー

 「データセンター展」のSupermicroのブースでは、NVMeドライブやGPU、Xeon Phiなどに対応した意欲的なスペックのサーバーを展示している。

NVMeドライブを10台搭載したサーバーのデモ。リードで約30GB/secの速度が表示されている。
2U 1台に搭載した2ノードでファイルサーバーのアクティブ-アクティブなフェールオーバーを実現するサーバー(ストレージは両ノードで共用)のデモ。NexentaStorとWindows Serverフェールオーバークラスタリングに対応
セルフブートするXeon Phi X200を4ノード収めるサーバー。分子計算をデモ
2Uに4ノードを収めるBigTwinサーバー。NVMe対応
Atom E3940を搭載したファンレスサーバー
GPU内蔵のXeon E3-1585を搭載したビデオトランスコーディング用サーバー

*****

 そのほか、さまざまな企業がブースを出展している。

 「データセンター展」では毎回、エヌ・ティ・ティ・データ先端技術(NTTデータ先端技術)のブースで各社のHVDC(高圧直流給電)対応製品が展示される。今回は、HVDC技術そのものだけでなく、サーバーラックやOCP(Open Compute Japan)対応製品など、周辺ソリューションもまじえて展示していた。

エヌ・ティ・ティ・データ先端技術のHDVC展示ブース。各社製品が並ぶ
各社のHVDC対応製品が並んだラック
村田製作所。集中電源やデータセンター向けセンサーなどを展示
AICの集中電源形式のラック製品Micro Rack
CE+T PowerによるHVDC対応DC-ACインバータ
NECネッツアイによるOCPのテクニカルワンストップサービス
新曜社による直流給電システム・LED照明の展示