ニュース

富士通、NTTドコモの仮想化技術を適用したモバイルコアネットワークのシステム構築を支援

 富士通株式会社は25日、株式会社NTTドコモが3月9日に商用運用を開始した、仮想化技術を適用したモバイルコアネットワークのシステム構築支援を行ったと発表した。

仮想化ネットワークシステム

 富士通では、長年の大規模ネットワークのインテグレーション実績やノウハウをもとに、キャリアグレードの仮想化ネットワーク環境の構築を支援。シスコシステムズ合同会社の次世代SDNソリューション「Application Centric Infrastructure」を活用し、大量のネットワーク機器に対する複雑なネットワーク構成定義の設定を自動化でき、迅速かつ容易に物理ネットワーク上に仮想ネットワークを構築することを可能とした。

 また、SDNソリューションを活用した仮想化環境におけるネットワークの構築や、仮想化基盤においてデータの送受信、ユーザー認証、課金などを行うEPCソフトウェアについては、EPCソフトウェアを管理するノキアのVNFMソフトウェアを活用。マルチベンダー環境における仮想化基盤とのインテグレーションを行った。

 富士通では、NTTドコモへの開発支援を通して培ったキャリアグレードの高品質な仮想化ネットワークを、企業およびデータセンターネットワークにも展開し、ネットワークの柔軟性を高めることで、グローバルにも通用するサービス創出を実現するとしている。

(三柳 英樹)