ニュース

NTTコム オンラインとテラスカイ、マーケティングオートメーションと営業支援ツールの連携ソリューション

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(以下、NTTコム オンライン)と株式会社テラスカイは24日、マーケティングオートメーションと営業支援ツールを連携させたソリューションを提供すると発表した。株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するマーケティングオートメーション「Pardot」と営業支援ツール「Sales Cloud」を連携させ、営業結果につながるマーケティング施策を見える化すると同時に、効率的に営業パイプラインの強化を図るという。

 具体的には、Sales Cloudの導入と活用支援で実績を持つテラスカイと、B2Bマーケティングで実績のあるNTTコム オンラインによって、マーケティングオートメーションツールと営業支援ツールの連携を容易に実現。各社の業務に最適化した運用コンサルティングから、受注後の基幹業務まで、一貫した支援を提供する。

 導入にあたっては、まず、マーケティングの観点から、顧客データベースの分析結果を基に、見込み客の行動パターン、業界特性を踏まえて最適なカスタマージャーニーを作成。営業の観点からも、見込み客を営業に受け渡す最適なタイミングを見極め、合理的で効率のよい営業活動を行えるよう、シナリオの最適化、連携部分の設計を行う。

 こうしたコンサルティングの結果を踏まえ、PardotとSales Cloudを最適に連携させた導入を実施するが、連携部分でも、スムーズかつ効率的にデータが受け渡され業務が流れるように、必要な開発をSales Cloud上で行うとのこと。さらにシステムのローンチ後も、自社での運用が可能になるまで、コンサルタントが効果測定・改善を支援する。

 また、導入コンサルティングにて作成したカスタマージャーニーに基づき、見込み客のナーチャリングを実施し、その際に重要となる、顧客セグメントごとに最適化されたカスタマイズメールやWebコンテンツの作成を支援するとした。

 このほか、Webサイトのマーケティングプレイス化を目指して、CMSを活用したサイトリニューアルや新規サイトの構築支援、見積もり作成や受注業務のシステム見直し、在庫引き当てなどのシステム化の支援なども提供できるとしている。

(石井 一志)