ニュース

ベリタス、「Enterprise Vault 12」「Data Insight 5.1」提供開始

 ベリタステクノロジーズ合同会社は23日、アーカイブソリューションの最新版「Enterprise Vault 12」と、ファイル分析ソリューションの最新版「Data Insight 5.1」の提供を開始した。

 Enterprise Vault 12では、電子メール、ファイル、SharePoint、インスタントメッセージ、ソーシャルメディアなどの取得コンテンツを自動的に分類。ペタバイト規模の情報をアーカイブしている企業が情報を再分類し、長期的に保持する方法を改善できるように支援する。

 このほか、学習エンジンを活用して審査に関連のある項目を優先し、関連のない項目は選別する「インテリジェント レビュー」、画像に埋め込まれたテキストを抽出してインデックス作成と分類を行う「イメージ変換OCR」などの新機能を搭載。検索機能についても新しいインターフェイスで機能と操作性を強化した。

 Data Insight 5.1では、新たに法人向けクラウドストレージのBoxをサポート。オンプレミスのストレージからクラウドまでを対象として、企業全体で包括的に機密情報を特定できる機能を提供する。

 また、「設定修復支援ワークフロー機能」が強化され、アクセス権限とファイル権限の変更を可能な限り自動化できるようにした。ワークフロー機能はセルフサービスポータルから簡単に利用でき、数十億のファイル属性とユーザーの活動を対象とする高速スキャンに基づいて、ペタバイト規模で機能を実現できる。

(三柳 英樹)