ニュース

Microsoft、Skylake搭載PCでのWindows 8.1/7のサポート期間を1年延長

すべての“緊急”セキュリティパッチは本来のサポート期間まで提供

 米Microsoftは18日(米国時間)、第6世代 Intel Coreプロセッサ(開発コード名:Skylake)搭載PCにおけるWindows 8.1/7のサポート期間を、当初発表していた2017年7月17日から1年延長し、2018年7月17日までサポートすると発表した。

 Microsoftのサポートライフサイクルポリシーでは、Windows 7のサポート期間は2020年1月14日まで、Windows 8.1のサポート期間は2023年1月10日までとなっているが、Microsoftでは1月15日に、Skylake搭載PCでは2017年7月17日でこれらのサポートを打ち切ると発表。Windows 10の利用を呼びかけていた。

 しかし今回、顧客からのフィードバックを受けてSkylake搭載PCに対するサポートポリシーを再変更。サポート期間を1年間延長して、2018年7月17日までにあらためた。

 また前回は、サポート終了後、「Skylake搭載PCにおけるWindows 8.1/7については、最も重要なセキュリティアップデートのみの提供となる」としてきたが、2018年7月以降、Skylake搭載PCのWindows 8.1/7についても、すべての緊急のセキュリティアップデートを本来の延長サポート終了(前述の通り、Windows 7は2020年1月14日まで、Windows 8.1は2023年1月10日まで)まで提供するとのこと。

 Skylake搭載PCでの旧OSのサポート終了時期を早めることについてMicrosoftでは、「SkylakeデバイスでWindows 10を利用することにより、最新のハードウェアとソフトウェアの性能を生かせる」と主張してきたが、顧客からは相当の反発があったと推測される。

(石井 一志)