ニュース

Z会、AWSクラウドをタブレット学習サービス基盤に採用 TOKAIコムの支援のもと

 株式会社TOKAIコミュニケーションズ(以下、TOKAIコム)は18日、株式会社Z会が、TOKAIコムのクラウドソリューションを小中高生向けタブレット学習サービス基盤に採用したと発表した。

 大手通信教育事業者であるZ会では、今春より「小学生タブレットコース」のサービス提供を開始するほか、「中学受験コース3・4年生」「中高一貫コース」「高校受験コース」の大幅リニューアルを計画していたが、これらの基盤を短期間で構築する必要があったことから、AWSの採用を検討。環境の構築作業、AWSとの接続回線、AWS基盤の保守運用について、TOKAIコムのクラウドソリューションである「クラウド基盤構築支援サービス」、「AWS接続サービス」、「マネージドサービス for AWS」を採用した。

 具体的には、Z会のサービス基盤をAWS上で設計・構築したほか、接続サービスとしては、Z会とAWSの間をつなぐ冗長接続回線の構築を担当した。さらに、AWS基盤上におけるZ会サービス基盤の監視・保守・運用を行っているとのこと。

 なお、これらのサービスの採用にあたっては、TOKAIコムのこれまでのZ会への提供実績と、AWS上の基盤構築において、設計から保守・運用に至るまでの工程をワンストップで支援できる点が評価されたとしている。

(石井 一志)