ニュース

オーシャンブリッジと富士ゼロックス、ファイルビューア「Brava」とWeb統合情報管理システム「ArcSuite Engineering」を連携

 株式会社オーシャンブリッジは18日、同社のファイルビューア「Brava」と富士ゼロックス株式会社のWeb統合情報管理システム「ArcSuite Engineering」との連携ソリューションを発表した。

 オーシャンブリッジのBravaは、文書・図面管理システムなどに組み込むことによって、セキュリティ強化と生産性向上を同時に実現するファイルビューア。CAD、TIFF、HPGL、Microsoft Office、PDF、DocuWorksなど、さまざまな形式のファイルに対応しており、Webブラウザ上で高速に表示できる。また、ファイルのダウンロード、印刷、プリントスクリーンを禁止する機能を備えており、ファイルの持ち出しを防止できるとのこと。

 今回のソリューションでは、製造業での実績を持つWeb統合情報システムArcSuite EngineeringとBravaを連携させることで、従来よりも高いセキュリティ対策を実現するとした。具体的には、BravaがArcSuite Engineeringの設定を引き継いで、原本ファイルのダウンロードや印刷、プリントスクリーンを禁止し、ファイルの持ち出しができない環境を構築する。

 またBravaの機能を生かすことにより、使い勝手の向上が見込める点もメリット。
システム担当者にとっては、個々のクライアントPCにアプリケーションを導入する手間が省け、一方の利用ユーザーにとっては、データをダウンロードせず高速ビューアで表示するため、閲覧のための待ち時間が少なくなり、生産性の向上が期待できるとした。

(石井 一志)