ニュース

図研ネットウエイブ、QNAPと代理店契約を締結、中小規模エンタープライズ向けソリューションを提供

 図研ネットウエイブ株式会社は14日、台湾QNAP Systemsとの代理店契約を締結したと発表した。図研ネットウエイブでは、QNAPの製品を中小規模エンタープライズに向けたソリューションとして提供する。

 「QNAP Turbo NAS」は、ストレージ性能の高さや、直観的でシンプルなGUIを持つ独自OSの「QTS」、多数の製品ラインナップ、高可用性、バックアップ機能、仮想化対応などを特徴とするNAS製品。コンシューマー/SOHO向けのデスクトップタイプから、エンタープライズ向けのラックマウントタイプまで幅広いラインナップをそろえる。

 図研ネットウエイブでは、ストレージソリューションの販売、保守サポートの実績を活かし、高いサポートレベルが求められるエンタープライズ向けに、QNAP Turbo NASをベースとしたストレージソリューションを提供する。

 図研ネットウエイブでのQNAP Turbo NASの取り扱い開始は4月1日の予定。中小規模エンタープライズ向けの販売で、保守サービスも提供する。

(三柳 英樹)