ニュース

日立ソリューションズ、Oracle Cloud Platformの活用を支援するサービス

 株式会社日立ソリューションズは1日、日本オラクルのPaaSである「Oracle Cloud Platform」の活用を検討する企業に向け、システム移行や運用支援などを提供するサービスを、3月7日より開始すると発表した。

 具体的には、1)ユーザー企業のシステム環境にあわせたOracle Cloud Platformの構成選定と環境構築、2)オンプレミス環境からの移行と検証作業支援、3)バックアップ環境構築、といった3つのサービスを提供する。

 このうち1)の「オラクルクラウド コンシェルジュサービス」では、25年にわたるOracle製品の導入実績に基づき、オンプレミスの技術を活用したOracle Cloud Platform環境を短期間で構築するとのこと。また、ユーザー企業の環境に合った簡易利用手順書を提供し、ユーザー自身によるOracle Cloud Platform環境の運用・保守を支援するという。価格は60万円(税別)から。

 2)の「オラクルクラウド アテンダントサービス」では、日立ソリューションズのエキスパートが、ユーザー企業のOracle Cloud Platform環境において、Oracle製品の新機能検証、SQLチューニング、パッチ適用による影響調査などを実施し、その結果をオンプレミス環境に反映することで、システムが抱える問題点の早期解決やシステムトラブルの未然防止を支援するとした。価格は個別見積もり。

 3)の「オラクルクラウド バックアップ遠隔地保管サービス」は、Oracle Cloud Platform上にバックアップ環境を構築するサービス。海外データセンターを利用し遠隔地保管を実現するという。価格は個別見積もり。

(石井 一志)