ニュース

日商エレ、OpenTextのBPM/ECM製品新ラインナップを販売開始

 日商エレクトロニクス株式会社(以下、日商エレ)は23日、オープンテキスト株式会社のビジネスプロセス管理(BPM)/エンタープライズコンテンツ管理(ECM)製品の新ラインナップ「OpenText Process Suite」「OpenText Content Suite」「OpenText Enterprise Connect for File Server」を販売開始した。

 「OpenText Process Suite」は、BPM機能やケース管理機能(DCM)、ビジネスルール管理機能(BRM)、モニタリング機能(BAM)を統合したBPM Suite製品。統合型業務ソフトウエア(ERP)などの各種システムや既存システムと連携したプロセスやアプリケーションを、迅速に構築・展開できる。

 「OpenText Content Suite」は、文書やコンテンツの作成から保管・破棄までのライフサイクルを管理する、包括的なECM基盤。バージョン管理やメタデータ(データ属性などの関連情報)の付与、検索など、基本的な文書管理機能に加え、紙文書のイメージ化やワークフロー、掲示板や文書の評価機能、文書の保管期限を設定できるレコード管理、権限設定、監査証跡、ERPや他業務システムとの連携など、企業内の情報ガバナンスを高めるための機能を備える。

 「OpenText Enterprise Connect for File Server」は、「OpenText Content Suite」をベースに、ファイルサーバーのセキュリティおよび管理機能の拡張、ユーザーの使い勝手の向上を目的として、ファイルサーバーを補完する機能に特化した、日本国内限定のパッケージ。

 日商エレでは、初年度2億円の販売を目標とする。

(三柳 英樹)