ニュース

ソフトバンク・ペイメント・サービス、「EC-CUBE 3」対応の決済プラグインを提供開始

 ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社(SBPS)は15日、ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE 3」に対応した「決済プラグイン」の提供を開始した。

 「EC-CUBE 3」は、株式会社ロックオンが提供する次世代ECオープンプラットフォーム。
EC事業者は決済プラグインを利用することで、EC-CUBE 3を利用した自社ECサイトにSBPSの決済手段をシステムの追加開発をすることなく導入することが可能となる。

 決済プラグインは、EC-CUBE公式インテグレートパートナーの株式会社スピリット・オブが開発。EC事業者から要望の多い決済手段と機能を取り揃えており、シングルインターフェイスのため開発費不要で、容易に決済手段を自社のECサイトに追加できる。

 提供決済手段は、クレジットカード決済およびコンビニ決済。さらに今後、携帯キャリア決済、ウォレット決済、電子マネー/プリペイドカード決済、海外向け決済に順次対応予定。

(三柳 英樹)