ニュース

テックファームとインヴェンティットが資本業務提携、IoT製品を共同開発

 テックファームホールディングス株式会社は15日、インヴェンティット株式会社との資本業務提携を発表した。IoT製品パッケージの共同開発を進め、今春にも提供する計画。

 IoTを巡っては、具体的な製品やサービスの本格展開に向けて注目度が高まる一方、その開発や収集したビッグデータの活用法、さらには保守などの面で課題が多いとされる。

 テックファームは、おもにシステムインテグレーション事業者としてサーバーやアプリの開発に携わってきた。また、インヴェンティットはM2M向けのクラウド型プラットフォームなどを構築している。提携によって両社の強みを活かし、IoTのトータルソリューションを提供したいという。

 共同開発する製品の名称は「IoTビジネスパッケージ」(仮称)。顧客のニーズに合わせたセンサー・デバイス類の選定にはじまり、サーバー開発までをパッケージとしてサポートする。

(森田 秀一)