ニュース

ネットワールド、Nimble StorageとCisco製品を組み合わせた「SmartStack」の提供を開始

 株式会社ネットワールドは15日、米Nimble Storageのハイブリッドストレージシステム「Nimble Storage」に、米Cisco Systemsのサーバーとネットワーク製品を組み合わせたコンバージドインフラストラクチャー「SmartStack」の取り扱いを開始した。

 「Nimble Storage」は、SSDとHDDの組み合わせによるハイブリッド型ストレージ。独自の特許技術「CASL」により、圧縮しながら効率的にHDDへ書き込むとともに、SSDをリードキャッシュとして利用することで、高いパフォーマンスを実現する。

 「SmartStack」は、NimbleとCiscoが共同で開発した垂直統合インフラストラクチャー。VMware、Citrix、Microsoft、Oracleなど多数の主要アプリケーションが検証済みで、仮想デスクトップ、プライベートクラウド、各種ビジネスアプリケーションなど、幅広いワークロードに対応したソリューションを提供する。

 ネットワールドでは、Nimble Storageのプロモーションとして、「Nimble Storage CS210」8TBモデルを226万円(税別)で販売する。販売台数は20台。販売期間は2月1日〜6月30日。また、Nimble Storageのハンズオントレーニングも3月から提供を予定する。

(三柳 英樹)