ニュース

ジェイズとサイバーソリューションズ、安全なメール利用とWeb閲覧を可能にする地方自治体向けソリューション

 ジェイズ・コミュニケーション株式会社(以下、ジェイズ)とサイバーソリューションズ株式会社は13日、安全なメール利用およびWeb閲覧を可能にする地方自治体向けソリューション「メール・Web無害化対策ソリューション」を提供すると発表した。

 サイバーソリューションズでは2015年12月に、地方公共団体向けインターネットメールシステムの機能強化策である、LGWANメールサーバーへの無害化転送機能のサポートを発表している。同社の無害化転送機能では、メール本文のテキスト抽出(リンク削除含む)、添付ファイルの削除を行うほか、導入自治体の運用面を考慮し、削除した添付ファイルの内容をテキスト抽出しメール本文内に展開して転送することもできるという。

 今回は、マイナンバー関係の事務などで利用するセグメントの端末からインターネットメールサーバーやインターネット上のWebサーバーへのアクセス方法として、ジェイズが展開する「SCVセキュアブラウザ」と無害化転送機能を連携させるソリューションを発表した。

 SCVセキュアブラウザは、Linuxサーバー上のコンテナで実行されたブラウザ画面をローカルデスクトップに転送することで、セキュアなWeb閲覧環境を提供するもの。今回の連携ソリューションにより、自治体職員は外部からの脅威を気にすることなく、インターネットを利用することが可能になるとしている。

(石井 一志)