ニュース

公開サーバーへの攻撃をリアルタイムに可視化する無料サービス「攻撃見えるくん」

 株式会社サイバーセキュリティクラウドは、セキュリティサービス「攻撃遮断くん」のバージョンアップに伴って、外部公開サーバーへのあらゆる攻撃をリアルタイムに可視化するサービス「攻撃見えるくん」を、11月11日より提供開始すると発表した。10月26日より事前登録を受け付ける。

 「攻撃見えるくん」は、サイバー攻撃をリアルタイムで“見える化”するサービス。どこからどのような攻撃を受けているかを、地図上へ視覚的に表し、グラフ化も自動で行うため、ページを開くだけで攻撃の傾向を理解できるという。また、常にリアルタイムの情報を表示していることから、今どのような攻撃を受けているかを即時に確認可能な点も特徴とした。

 基本料金は無料。攻撃ログは1サービスあたり最新1000件までの表示を行え、攻撃ログ表示数を追加したい場合は、月額5000円で1万件まで拡大できる。

 なお、今回バージョンアップした「攻撃遮断くん」は、IPSとWebアプリケーションファイアウォール(WAF)の機能をクラウド型で提供するサービス。クラウド(IaaS)を含むほぼすべてのサーバーに対応し、ネットワーク、OS、Webアプリケーションへの攻撃を防げるという。

 今回のバージョンアップでは、「攻撃見えるくん」によるリアルタイムの見える化に加え、過去の攻撃データからの傾向分析に対応。また、その企業にあわせたフルカスタマイズ機能を実装している。

 基本料金は、1IPあたり月額4万円。

(石井 一志)