ニュース

Beaconで通知する情報をTwitterでタイムリーに変更、アプリックスが新技術

 アプリックスIPホールディングス株式会社(以下、アプリックス)は24日、Twitterと連動することでBeaconの利用者に対してリアルタイムに情報を提供できるシステムを開発。商店街のタイムセールや鉄道の運行・遅延情報の通知サービスで利用が始まったと発表した。

 従来のBeaconシステムでは、スマホに表示するデータをあらかじめ作成しておく必要があり、タイムリーに刻々と変化する情報を提供することは困難だった。今回のシステムでは、Twitterで情報を発信するだけで、その内容をリアルタイムにBeaconの利用者に通知できる。

 たとえば、その日入荷された新鮮な野菜や魚などの情報とともにオススメレシピを知らせたり、通行中のお店でタイムセールが始まった商品やメニューなどを通知することで、消費者が積極的にBeaconを用いたサービスを利用してくれるようになると期待される。

 実例として、すでにBeaconを導入すると発表済み(参考記事)の経堂農大通り商店街では、Twitterと連動するBeaconシステムにより、商店街を通行する最寄路線となる小田急線の運行・遅延情報をタイムリーに通知するサービスを開始し、商店街や地域社会の活性化に役立てているという。

(川島 弘之)