ニュース

富士通エフサスがウォッチガードのUTM製品を提供、運用サービスも

 株式会社富士通エフサスは30日、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(以下、ウォッチガード)と、セキュリティ分野で協業すると発表した。ウォッチガードの次世代ファイアウォール/UTMに代表されるセキュリティ製品について、一次販売代理店契約を締結するとともに、これらを活用した運用サービスを提供開始する。

 富士通エフサスでは、ウォッチガードの各種セキュリティアプライアンスを「富士通エフサス セキュリティソリューション」に組み込むことで、入り口対策を強化する狙い。具体的には、製品を販売するのみならず、「FUJITSU Security Solution 次世代ファイアーウォール運用サービス」に、ウォッチガードのセキュリティ製品の運用サービスを新たに追加する。

 メニューとしては、機器の稼働監視、運用に関するQ&A、統計レポート発行などを行う「基本サービス」と、「脅威監視・通報オプション」、技術員による考察レポートを提供する「ログ分析レポートオプション」、シグネチャの調整、ポリシー設定変更などを行う「リモート運用支援」をラインアップした。

 これらのサービスを利用することによって、ウイルス感染端末や不正利用端末からの外部アクセスをアプリケーションレベルで検知・遮断し、不正利用端末からの不正な外部アクセスやウイルス拡散を防止できるようになるとのこと。また、ウォッチガードのシステム管理ツール「WatchGuard System Manager」、およびセキュリティ可視化ツール「WatchGuard Dimension」をセキュリティ運用管理のプラットフォームとして構築し、ログ集積やインシデント分析などの運用サービスを提供する。

 運用サービスの価格は、1台あたり月額8万円(税別)から。別途、機器の費用が必要となる。

 富士通エフサスでは、特に多店舗・複数拠点に展開する企業や、無線LAN環境を持つ企業などに対して、セキュリティ環境の提案を行っていく考え。ネットワークセグメントやエリア単位のセキュリティ、および近年増加している無線LAN環境のゲートウェイセキュリティの強化を提案していくとしている。

(石井 一志)