ニュース

「desknet's NEO」と「eセールスマネージャー Remix Cloud」でスケジュール連携

グループウェアとSFA/CRMの融合で営業力強化

 株式会社ネオジャパン、ソフトブレーン株式会社、株式会社ジェクシードは5日、グループウェアと営業支援システム(SFA/CRM)を相互連携させる業務提携を締結したと発表した。

 業務提携により、ネオジャパンのグループウェア「desknet's NEO」とソフトブレーンのSFA/CRM「eセールスマネージャー Remix Cloud」を、ジェクシードのスケジュール同期ツール「GX_Sync」で連携させ、登録されたスケジュール情報のシームレスな連携を実現する。

 これにより、営業担当者がSFA/CRMにスケジュール登録し、営業活動を行うだけで、グループウェアにスケジュール情報が同期され、全社での情報共有が可能。両システムへの入力の手間が省ける。

 グループウェアの代わりに「eセールスマネージャー Remix Cloud」でスケジュールや営業活動報告を行うことで、営業活動を見える化。蓄積されたデータを分析・改善につなげることで営業力を強化できる。また、「eセールスマネージャー Remix Cloud」に登録された営業担当者のスケジュール情報は、「desknet's NEO」と連携することで、製造部門やマーケティング部門、総務部門などの他部門とも共有される。社内への「つぶやき」やメンバーとの「チャット」「スタンプ送信」といったソーシャル機能を生かして組織間の連携力を強化できる。

 この「営業力」と「連携力」の強化が本提携の狙いという。

 先行事例として、アスノシステムが2014年5月に営業力強化のため、「eセールスマネージャーRemix Cloud」と「GX_Sync」を導入し、以前より活用していた「desknet's NEO」とのスケジュール連携を構築した。

 今後3社は、各社の製品・サービスのシナジー効果により、グループウェアとSFA/CRMの効率的運用を活用した顧客の業務効率化を強力に支援するとしている。

(川島 弘之)