ニュース

ノートPC・iPad2台持ちをWin 8.1タブレットに移行、大塚製薬が1900台導入

Dell Venue 11 Pro

 大塚製薬株式会社が医薬情報担当者(Medical Representatives:MR)向けタブレット端末として、Windows 8.1 Enterpriseを搭載した「Dell Venue 11 Pro」を1900台を採用し、6月末までに配備を完了した。デル株式会社と日本マイクロソフト株式会社が2日、発表した。

 大塚製薬はこれまでノートPCとiPadの2種類をすべてのMRに配備。医薬関係者との面談時にはiPadで情報提供し、業務報告や資料作成にはノートPCを使うなど、両端末を使い分けていた。

 しかし、6月のタブレット端末の契約更新を契機に、これまで利用していたiPadを継続使用せず、PC・タブレットとして利用可能なWindowsタブレットに移行。従来、ノートPCとiPadに分かれていたMR用端末を「Dell Venue 11 Pro」に統合し、MRが戦略や提案を考えることに集中できる環境を構築した。

 Windows 8.1 Enterpriseを利用することで導入・管理費用も約5割削減し、Windows 8.1 Enterpriseの暗号化機能「BitLocker」によりデータ漏えいリスクも低減したという。

【記事更新】「これまで利用していた他社OSのタブレット」という表記を「iPad」に変えました。これに伴いタイトルも更新しております。

(川島 弘之)