ニュース

アプリックス、BLE通信モジュールを2基搭載した「MyBeacon Proシリーズ」

MyBeacon Pro MB004

 アプリックスIPホールディングス株式会社(以下、アプリックス)は、異なる通信方式に対応したBluetooth Smart(Bluetooth Low Energy)通信モジュールを2基搭載したBeacon新製品「MyBeacon Proシリーズ」を5月29日に発売した。

 MyBeacon Proシリーズは、商用利用向けBeaconの必須機能である「位置測位の精度向上と端末の負荷を軽減する通信方式」と、「不正アクセス・なりすまし防止などの電子認証、位置情報やURLのデータストレージ、センサーとの連動、センサーデータの取得などができる通信方式」を、それぞれ専用の通信モジュールを使って同時に実現したもの。

 スマホのバッテリの持ちをよくする前者の通信方式と、セキュリティやデータストレージ、センサーとの連動といった付加価値を実現する通信方式は相容れず、従来の通信モジュール1基のみのBeaconでは両立するのが難しかった。MyBeacon Proシリーズでは、通信モジュールを2基搭載することで両立させつつも、電子認証や位置情報・URLのデータストレージ機能を利用しない場合は、片方の通信モジュールの動作を止めることで、全体の消費電力を通信モジュール1基の従来型Beaconと同じレベルに抑えられるという。

 昨今、Beaconの設置を計画している店舗や施設が増えている。こうした店舗や施設では、来訪したエンドユーザーのモバイル端末に情報を発信し、位置情報と絡めた独自サービスやO2Oに取り組んでいる。

 アプリックスは、こうしたBeaconのサービスを安心して利用してもらうためには、スマホのバッテリの持ちをよくする通信方式への対応と、来店ポイントの発行やなりすましなどを防ぐ認証への対応が最重要と考え、今後標準のBeaconとして普及するよう、両方の機能に対応した「MyBeacon Pro MB004」を従来のBeaconと同価格で提供している。

 価格は、10台ロットの場合で1000円(税別)/台、2万台ロットの場合で500円(同)/台。

 認証サービスについては、データや設定の書き換え時などの不正アクセス防止での利用、および来店ポイントの発行や決済時などのなりすまし防止での利用など、利用シーンに合わせた複数のサービスメニューを用意。価格は、不正アクセス防止システム利用料が無料、成りすまし防止システム利用料が基本認証(リージョン)は無料、拡張認証(タッチ)が1回1円(月間10万トランザクション以上)。

 拡張認証サービスを年間契約した顧客を対象として、アプリックスのBeaconを商用利用する場合に、MyBeaconシリーズ以外の同社製・他社製Beaconと今回のMyBeacon Pro MB004を1台500円で交換するサービスも提供する。

(川島 弘之)