2014年12月19日

2014年12月18日

2014年12月17日

2014年12月16日

2014年12月15日

ネオジャパン、AWSをインフラとして利用するグループウェアサービス〜月額380円から


 株式会社ネオジャパンは、自社製品のグループウェア「desknet's」をAmazon Web Services(AWS)のクラウド環境で動作させる「desknet's on Cloud powered by Amazon Web Services」を、5月8日より提供開始した。

 「desknet's」は、設備予約、回覧・レポート、文書管理、ワークフローなどさまざまな機能を備えたグループウェア。従来はパッケージ版のほか、自社のクラウドサービス「Applitus」などで提供されてきたが、今回はAWSのクラウド環境であるAmazon EC2を用いてサービス提供する。

 インフラを含め、サービスにかかわるすべての運用・管理はネオジャパンが担当し、ユーザーは月額課金でサービスを利用できる。また、中小規模向けの「desknet'sスタンダード版」と、中堅・大規模向けグループウェア「desknet'sエンタープライズ版」の双方について、利用できる機能数に応じた複数のプランを用意した。

 1ユーザーあたりの価格は、一般的な利用を想定した「ベーシック」プランの場合、スタンダード版が月額380円(税別)、エンタープライズ版が月額600円(税別)。いずれも初期費用は不要だが、最低利用ユーザーとして、スタンダード版は5ユーザー、エンタープライズ版は100ユーザーが設定されている。

 またこのほか、ライセンスを持ち込んで利用するパターンも設定されており、既存環境からの移行時は、スタンダード版が初期費用38万円(税別)からと月額費用1万円(税別)から、エンタープライズ版が初期費用85万円(税別)からと月額費用1万円(税別)から。新規利用時は、初期費用がライセンス価格と同額、月額費用は1万円(税別)から。

 なお今回は同時に、オンプレミス環境でdesknet'sを利用しているユーザーに向けたバックアップサービス「desknet'sバックアップサービス」も発表された。

 これは、AWSのクラウド環境をバックアップ先として利用するもので、ネオジャパンが提供する専用ツールを用いて、サーバー上の任意のデータをクラウドへバックアップする。バックアップされたデータはクラウド上に多重化されて保管されるほか、いつでもダウンロードして戻すことが可能だ。

 対応するのは、スタンダード版とミドル版(Middle Edition)で、価格は初期費用無料、年額費用がバックアップ容量10GBにつき1万円(税別)。6月のサービス提供を予定している。

関連情報
(石井 一志)
2012/5/9 06:00