2014年12月19日

2014年12月18日

2014年12月17日

2014年12月16日

2014年12月15日

富士通、顧客が持つビッグデータを分析し活用方法を提言するサービス


 富士通株式会社は27日、顧客が持つビッグデータを分析し、その活用方法を提言する「データキュレーションサービス(データコンサルティング)」を発表した。同日より提供を開始する。価格は個別見積もり。

 「データキュレーションサービス(データコンサルティング)」は、データの価値評価やデータからの課題抽出、データをどう活用していけばよいかといった提言を行うサービス。従来のビジネスインテリジェンス(BI)では、業務の専門家が仮説を立て、それを検証する仮説検証型のアプローチを採用しているが、このサービスは、モデリング、アナリティクスなどの専門家であるキュレーターが分析を担当する点が特徴。既存の業務知識にとらわれずに、データが持つ潜在価値を引き出すため、業務の枠を越えた課題の解決や、新たなビジネスの創出など、仮説が作りにくいビジネス領域にも適用できるという。

 例えば、サポート業務のために蓄積されたデータから企画、設計など他部門の業務改善につなげたり、新製品のスペックや新サービスの仕様を検討する際に、現在あるデータで目的は達成できるかといったフィージビリティスタディー(実現可能性、費用対効果の検証)を実施したりできるとした。

 実作業のフローとしては、キュレーターが顧客のデータを預かって活用目的をヒアリングし、集中的にデータ分析・評価を行って、データ分析の進め方を決定する。期間は、標準では約2カ月を想定。分析・評価の結果、得られたデータの有効性、データ収集・活用の提言などを分析報告書として顧客へ提供するほか、報告会を実施してその内容を説明するとのこと。

 富士通では、この「データキュレーションサービス(データコンサルティング)」を、同社のキュレーターが顧客のビッグデータ利活用を支援する「データキュレーションサービス」体系の入り口として位置付け、今後もサービスを拡充するとしている。


関連情報
(石井 一志)
2012/4/27 13:08