ニュース

M-SOLとパソナテック、「Pepper」のロボアプリ開発で協業

 M-SOLUTIONS株式会社(以下、M-SOL)は29日、株式会社パソナテックと、人型ロボット「Pepper」のロボアプリ開発で協業すると発表した。Pepperの動作を設定する「Smart at robo for Pepper」を通じて、ロボアプリ開発を支援するという。

 M-SOLは、Pepperを提供しているソフトバンクロボティクスの認定パートナー(ロボアプリパートナー)として、サイボウズの業務アプリクラウド「kintone」をベースに、Pepper動作設定サービスのSmart at robo for Pepperを提供している。同サービスは、プログラミングの知識がなくてもPepperの動作を自由に設定できるため、Pepperの活用を促進できるとのこと。

 一方、パソナテックもソフトバンクロボティクス認定のロボアプリパートナーで、Pepperを活用した各種業務支援サービスや、Pepper向けのアプリケーション開発支援などを行ってきた。

 今回M-SOLではパソナテックにSmart at robo for Pepperを提供し、Pepperとkintoneの連携に関する技術支援を行うとのこと。またパソナテックは、ロボティクス・サービスインテグレーション事業において、Smart at robo for Pepperの活用や顧客の要望に応じた同サービスの機能拡張を、kintoneを利用し行っていくとのこと。

(石井 一志)