ニュース

NTTアイティ、ウェブ会議ASP「MeetingPlaza」をバージョンアップ

映像帯域の削減やモバイルアプリの機能充実を実施

 NTTアイティ株式会社は26日、ウェブ会議ASPサービス「MeetingPlaza」をバージョンアップし、3月13日より提供を開始すると発表した。

 新しいMeetingPlazaでは、映像コーデックとして「VP8」を採用。多地点会議向けにチューニングを行い、ネットワーク帯域の変動に対する調整や、音声・データとの協調動作を可能とした。これにより、従来比で帯域を30%から最大60%削減し、モバイル環境でも快適に利用でき、帯域が十分な環境では映像品質を向上させて利用できるとしている。

 利用者向けのログイン機能とログイン後の画面(ポータル画面)についても改良を実施し、ログインIDにはメールアドレスを利用することを可能とした。ポータル画面には、近く開催される会議情報や、利用可能な常設会議室の情報、管理者からのお知らせなどを表示し、その画面からの入室を可能とした。

 また、Windowsでのみ利用可能だった「仮想ファイル共有機能」が、タブレットなどのモバイル端末でも利用できるようになった。仮想ファイル共有機能とは、ファイルイメージのみを送り共有先の端末にはファイルを残さない、セキュリティに配慮した資料共有機能。モバイル端末からも、資料共有の開始やペンを使った書き込み、参加者の映像と共有資料の同時表示を行える。

 新バージョンの提供開始は3月13日。バージョンアップによる価格の改定はなく、月額9000円(税別)からの料金で利用できる。

(三柳 英樹)