ニュース

国内パブリッククラウドサービス市場、2015年の市場規模は前年比32.3%増の2614億円

クラウドを優先的に検討する「クラウドファースト」が一般的に

 IDC Japan株式会社は25日、国内パブリッククラウドサービスの市場予測を発表した。2015年の国内市場規模は、前年比32.3%増の2614億円と推定。2015年〜2020年の年間平均成長率は19.5%で推移し、2020年の市場規模は2015年比2.4倍の6370億円になると予測している。

国内パブリッククラウドサービス市場 売上額予測:2015年〜2020年(出展:IDC Japan)

 IDC Japanでは、国内パブリッククラウドサービス市場は普及期を迎え、システム導入(新規/刷新/更新)時に、クラウドを検討するユーザー企業が増加していると説明。特に、大企業ではクラウドの検討は一般化しつつあり、パブリッククラウドサービスは重要な検討項目となっており、クラウドと伝統的なITを同等に比較検討する「クラウドオルソー(Cloud Also)」から、クラウドを優先的に検討する「クラウドファースト(Cloud First)」への変化も見られるとしている。

 2015年の国内パブリッククラウドサービス市場については、IT資産の継承を目的とし、既存の業務アプリケーションをIaaS/PaaS環境上で稼働させる「クラウドイネーブルド」の動向が顕著に見られたと指摘。また、一般消費者向けウェブ/モバイルアプリケーションの開発/稼働環境としても、IaaS/PaaSを利用することが一般化したとしている。

 国内パブリッククラウドSaaS市場では、モバイル対応に優れた汎用的なアプリケーションは、「クラウドファースト」が浸透したと言えると説明。また、HCM(Human Capital Management)やマイナンバー管理ソリューションといった新しいアプリケーションは、SaaSモデルでのみ提供されることが増加しており、ユーザー企業の意識にかかわらず、ベンダーのクラウドファーストが進んでいるとしている。

 IDC Japan ITサービス リサーチディレクターの松本聡氏は、「国内パブリッククラウドサービス市場では、汎用性の高いサービスは寡占化が進むため、生き残るベンダーは数社にとどまる。したがって、アプリケーション領域での差別化が多くのベンダーにとって重要な事業戦略となる」と分析している。

(三柳 英樹)