ニュース

国内ローエンドストレージ市場、2015年上半期は340億円規模に、「200〜500万円」の価格帯が成長

 IDC Japan株式会社は22日、外付型ローエンドエンタープライズストレージシステム(システム価格500万円未満)の国内市場に関する分析結果を発表した。調査では、国内ローエンドストレージシステム市場では、200万円〜500万円未満の価格帯で成長しているベンダーや、間接販売市場におけるチャネルパートナーとの協業で成功しているベンダーがシェアを伸ばしているとしている。

 2015年上半期の国内外付型ローエンドストレージシステム市場は、売上額が前年同期比5.4%増の340億1800万円、出荷容量が同23.5%増の452.5PB(ペタバイト)、出荷台数が同1.4%増の1万4777台となった。

 IDC Japanでは、外付型エンタープライズストレージシステム市場をシステム価格によって、ハイエンド(3000万円以上)、ミッドレンジ(500万円〜3000万円未満)、ローエンド(500万円未満)に分類している。2015年上半期の国内エンタープライズストレージシステム市場全体に占めるローエンドストレージシステムの構成比は売上額が32.6%、出荷容量が55.9%、出荷台数が82.3%となった。

 2015年上半期のローエンドストレージシステム市場をさらに価格帯によって分類すると、「200万円未満」の市場が35.7%、「200万円〜500万円未満」の市場が64.3%で、「200万円未満」の市場が2半期連続でマイナス成長となった一方で、「200万円〜500万円未満」の市場は6半期連続のプラス成長となった。

 「200万円未満」の市場は、「同一ブランドのx86サーバー+ローエンドストレージシステム」という形態で販売される比率が圧倒的に高く、2015年上半期はIBMのx86サーバー事業のレノボへの売却など、市場構造の変動などが影響してマイナス成長となった一方、「200万円〜500万円未満」の市場ではサーバー仮想化環境における需要が拡大しているほか、マルチプロトコル対応やストレージ仮想化機能を搭載したFC-SAN、スケールアウトやバックアップ特化型のNASなど、特徴的な機能を持った製品が需要を伸ばしたとしている。

 また、ローエンド市場はチャネルパートナーによる間接販売比率が高いのも特徴で、2015年上半期のローエンド市場における間接販売の構成比は66.9%となっている。ローエンドストレージ市場で成長を継続しているベンダーは、直販から間接販売へのビジネスシフトを進めるだけではなく、チャネルパートナーが販売しやすい仕組みづくりを進めるなど、チャネルパートナーとの協業で成功していると分析している。

 2015年上半期の国内ローエンドストレージシステム出荷金額のベンダー別シェアは、富士通が第1位(シェア25.8%)、以下、EMC(15.8%)、NEC(11.7%)、日本ヒューレット・パッカード(7.5%)、ネットアップ(6.6%)が上位5社となった。

 IDC Japanでは、「ストレージベンダーがローエンドストレージシステム市場で成長を達成するためには、製品の拡充と機能強化にとどまらず、チャネルパートナーとの協業を含めた販売戦略の強化や見直しが重要になる」と分析している。

国内外付型ローエンドストレージシステム出荷金額(Vendor Revenue)シェア、2015年上半期(出展:IDC Japan)

(三柳 英樹)