ニュース

米Equinixがビットアイルの買収を発表、国内データセンター事業者では4位の規模に

 米Equinixは8日、日本法人のエクイニクス・ジャパンを通じて、株式会社ビットアイルの株式公開買い付けを実施すると発表した。公開買い付け価格は1株922円。すべて現金による取引で、最終的にビットアイルの完全子会社化が完了した場合、買収価格の総額は333億円となる。

 公開買い付けは、ビットアイル株式の3分の2超の取得を条件としており、エクイニクスは2015年9月9日から2015年10月26日にかけて公開買い付けを行う。公開買い付けが成立した場合、エクイニクスは、公開買い付け手続により買い付けることができなかった株式を、日本の会社法に基づくスクイーズアウト手続により取得する計画で、これにより2016年初頭までには全株式の取得を完了する予定。

 今回の公開買い付けについては、ビットアイルの取締役会から賛同が得られているほか、ビットアイルの主要株主である寺田倉庫株式会社と寺田航平氏および寺田保信氏との間において、保有する全株式(合計29.74%)について公開買い付けへ応募する旨の合意が得られているとしている。

 Equinixでは、ビットアイルの買収が完了すると、Equinixは国内データセンター事業者の中で第4位の規模となり、東京5カ所、大阪1カ所のデータセンターを新たに取得することになると説明。これにより、Equinixは合計で東京9カ所、大阪2カ所、総ラック数1万2000台規模のデータセンター事業者となり、Equinixが2016年第1四半期に東京都内に開設予定のデータセンターを含めると、都内に10カ所のデータセンターを保有することになるとしている。

 Equinixでは、今回の買収により国内外の顧客を持つ国内最大級のデータセンター事業者となり、日本におけるデータセンターおよびインターコネクション事業が一層強化されることになり、最大の成長市場であるアジア・パシフィックにおける位置付けをより強固なものにするとしている。

(三柳 英樹)