ニュース

トレンドマイクロ、クラウド向けセキュリティサービスでBox、Dropbox、Googleドライブに対応

 トレンドマイクロ株式会社は15日、クラウドサービスを利用する企業向けのセキュリティ対策サービス「Trend Micro Cloud App Security」について、Box、Dropbox、Googleドライブの各サービスへの対応を発表した。

 Trend Micro Cloud App Securityは、クラウド型のサンドボックスを搭載し、メールや共有ドライブ上での脅威に対し情報保護や情報漏えい対策を行うサービス。メールに添付されたファイルや、クラウドストレージにアップロードされるファイルなどの中で、不正な疑いのあるファイルをクラウド型サンドボックスで解析。標的型サイバー攻撃などに利用される未知の脅威を駆除する。既知の不正プログラムや不正なURLが含まれたメール/ファイルは、クラウド型サンドボックスで解析する前に駆除し、不正なメールやファイルが共有されることを防ぐ。

 2015年7月に、Office 365に対応するサービスとして提供を開始したが、さらにBox、Dropbox、Googleドライブへの対応を開始する。日本では、3月22日からBoxとDropboxに対応、Googleドライブは2016年第2四半期に対応予定。

(三柳 英樹)