ニュース

国内WANサービス市場予測、市場規模は微減もパブリッククラウド関連が成長

 IDC Japan株式会社は3日、通信事業者が法人向けに提供するWAN(広域ネットワーク)サービスの国内市場予測と市場シェアを発表した。

 国内WANサービス市場全体の2015年の市場規模は7031億円で、前年比0.1%減となった。一方で、パブリッククラウドへの接続のためのWAN回線利用や、データセンター間接続回線などの利用は増加。パブリッククラウド用途のWANサービス市場は、2015年の市場規模が58億円で、前年比65.0%増と急速に成長。国内事業者データセンター間接続用途のWANサービス市場規模も、2015年の市場規模が98億円、前年比15.5%増と順調に成長している。

 また、パブリッククラウドやデータセンター間接続にも多く用いられるイーサネット専用線市場では、NTTコミュニケーションズやKDDIといった大手通信事業者以外に、Coltテクノロジーサービス(売上額シェア12.1%)、アルテリア・ネットワークス(同10.8%)、TOKAIコミュニケーションズ(同5.4%)のような中堅通信事業者が健闘。こうした中堅事業者は、パブリッククラウド接続でも早い時期からリーズナブルな価格で回線を提供し、市場の認知を得ており、サービス事業者向けに広帯域回線を積極的に提供してきたことが背景にあるとIDCでは分析している。

国内イーサネット専用線サービス市場 事業者別 売上額シェア:2015年(出展:IDC Japan)

 IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの小野陽子氏は、「パブリッククラウドなどのサービス利用の拡大に伴いWANサービス市場の構造変化が始まっている。通信事業者は、急成長しているサービスプロバイダーの迅速な帯域増強ニーズを支援するなど、サービスプロバイダーへのエンゲージメントを強化すべきである。また企業向けにはパブリッククラウドへのオンデマンド接続などWANサービスの高度化を図るべきである」と述べている。

(三柳 英樹)