ニュース

ウェブルート、脅威調査ツール「BrightCloud Threat Investigator」提供開始

 ウェブルート株式会社は26日、企業やセキュリティサービスプロバイダーなどに向けた脅威調査ツール「BrightCloud Threat Investigator」の提供を開始した。

 「BrightCloud Threat Investigator」は、個々のIPやURLに関する実用的な脅威インテリジェンスに瞬時にアクセスし、各オブジェクトのカテゴリー、履歴、関連IP/URLを掘り下げ、脅威の調査やインシデント対応に活用できるツール。ウェブベースのGUI調査コンソールにより、ウェブルートが特定のIPやURLを悪意あるものと分類する理由や、特定のレピュテーション スコアを割り当てる根拠、特定のIPやURLが脅威となっている期間など、多数の可変要素に関する洞察をもたらすことで、調査の管理を容易にする。

 これにより、セキュリティアナリストや第一対応者は最も重大な課題に集中でき、セキュリティスタッフは効果的にセキュリティ侵害の影響を緩和し、企業の評価に関わる副次的影響を抑制できるようになるとしている。

 また、既存製品の「BrightCloud Threat Intelligence for Next Generation Firewall(NGFW)」や「BrightCloud Threat Intelligence for Security Information and Event Management(SIEM)」と併用することで、ネットワークに影響を及ぼしているIPのブロックや、最も悪意のある攻撃元を隔離して適切な対策を講じるための判断などが迅速に行えるとしている。

(三柳 英樹)