ニュース

日本ユニシス、「Office 365エンタープライズサービス」で運用支援と保守のメニューを提供

 日本ユニシスグループの日本ユニシス株式会社とユニアデックス株式会社は16日、Office 365活用企業向けの「Office 365エンタープライズサービス」のメニューに、「運用支援サービス」および「保守サービス」を追加すると発表した。同日よりサービス提供も開始する。

 「Office 365エンタープライズサービス」は、法人向けOffice 365のアセスメントから導入・構築、移行・展開を支援するサービスで、日本ユニシスグループにおけるOffice 365導入経験を踏まえた上で、オンプレミスからハイブリッド環境への構築実績・技術力を生かして提供する。導入にあたっては、システムの構成、ネットワーク、認証など、既存環境を把握した上でアセスメントを行い、要件に合わせた最適なプランと構成を提案するため、短期間でのOffice 365導入・構築・展開が可能とのこと。

 今回追加されたメニューのうち「運用支援サービス」は、ユーザー企業の運用負荷を軽減するため、各種支援を提供するもの。サービス提供範囲は、Office 365テナント、Office 365 ProPlus、Office 365テナントと連携するオンプレミスのサーバー群で、ユーザー企業は、複数のサブメニューからニーズにあったサービスを選択できるほか、運用支援サービスメニュー以外の運用作業についてもオプションで個別対応可能とした。また、Office 365のクラウド環境の変化に追随するため、日本マイクロソフト発行の情報を活用する。

 具体的なサーヒス内容としては、エンドユーザーやシステム管理者からの問い合わせ対応(電話による受付、電話・電子メールによる回答)、Office 365テナントやサーバーの監視、月次報告、証明書更新、Office 365更新情報の提供などを行う。

 一方の「保守サービス」は、Office 365からユーザー企業の環境までの障害発生ポイントの切り分け、Office 365テナントの状況調査などを行い、復旧作業を支援するもの。また日本マイクロソフトと連携し、Office 365の技術質問、障害対応の技術支援を、迅速に対応するとのこと。なお、Windows Serverの保守サポートも契約している場合は、Office 365テナントとオンプレミス環境の連携機能もワンストップで対応可能だ。

 日本ユニシスグループでは、今回提供開始した「運用支援サービス」および「保守サービス」とあわせ、「Office 365エンタープライズサービス」全体で、今後3年間に20億円の売り上げを目標としている。

(石井 一志)