ニュース

FJM、中堅中小向けマネージドIaaS「AZCLOUD IaaS Type-K」を正式提供

 株式会社富士通マーケティング(以下、FJM)は2日、中堅中小企業向けIaaS「AZCLOUD IaaS」のラインナップとして、カスタマイズ型のマネージドサービス「AZCLOUD IaaS Type-K」の本格提供を開始した。

 「AZCLOUD IaaS Type-K」は、富士通株式会社が提供する「FUJITSU Cloud Service K5」のIaaS基盤に、導入支援、ネットワーク回線、運用支援、Q&A対応、運用監視の各サービスを顧客の要望に合わせて提供する、カスタマイズ型のマネージドサービス。インターネット通信環境があれば、初期導入・構築費用無しの月額費用のみですぐにクラウド環境が利用でき、顧客側で設定・構築する場合は、必要なサービス部分だけの支援も可能。

 オンプレミスとクラウドを連携するハイブリッドクラウドなど、顧客のクラウド環境全体の運用サービスも合わせて提供することで、中堅中小企業のICTインフラ全般をワンストップで支援する。

 標準提供メニューの価格は、初期導入費用が0円、月額が5万8000円(税別)から。仮想サーバーの料金は別途必要。富士通マーケティングでは、中堅中小企業を中心に今後3年間で1000社への販売を目指す。

(三柳 英樹)