ニュース

ワークス、Microsoft Dynamics AX生産管理をOEM提供へ

 株式会社ワークスアプリケーションズ(以下、ワークス)は29日、日本マイクロソフト株式会社とDynamicsパートナー契約を締結し、「Microsoft Dynamics AX」生産管理のOEM販売を開始すると発表した。なお、日本マイクロソフトにおけるDynamics AXのOEM型パートナーは、ワークスが第1号になるという。

 ワークスがDynamicsパートナー契約を締結したのは、顧客へ提供する製品ラインアップの拡充が目的。Dynamics AXを組み込んだ生産管理モジュールの開発・製造は、株式会社ワークスシステムズが担当し、「Dyna Next」の名称でワークスが販売する。

 なお、ワークスがDynamics AXを採用した理由は、グローバルでの実績が豊富で、40カ国以上の言語に対応しているので、国内のみならず海外の生産拠点を含めた生産管理が可能なことや、組立加工型・プロセス型といった多様な生産方式に対応可能で、改変しやすい構成のため、日本独自の商習慣である製番管理などの機能強化が容易であること。また、クラウドとオンプレミスの両形態に対応できるので、顧客の要望にあわせ、柔軟なインフラ構成が可能な点も評価したとしている。

(石井 一志)