ニュース

NTT Com、「大阪第5データセンター」を提供開始

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は18日、大阪市内で5番目となる「大阪第5データセンター」の提供を開始した。同データセンターはサーバールーム面積約3500平方メートル(1600ラック相当)を提供する。

大阪第5データセンターの外観イメージ

 NTT Comは、これまで首都圏を中心に新たなデータセンターや関連サービスを拡充してきたが、大規模な自然災害に対するバックアップサイトを首都圏から十分に離れた西日本エリアで利用したいというニーズの高まりや、本社機能を西日本エリアに持つ金融機関や製造業の増加による需要拡大も見込まれるとして、新たに大阪市内にデータセンターを開設した。

 大阪第5データセンターは、大阪市内のビジネス中心地に建設された地上11階建てのデーセンター専用ビルで、NTT Comのデータセンターブランド「Nexcenter」でサービスを提供。南海トラフ地震による震災や津波、洪水、高潮など、大阪市内で想定される主な自然災害リスクを最小化するための対策を講じている。

 電力・通信設備、サーバールーム、その他の重要設備はすべて建物2階以上(地面より7m以上)に設置し、万が一建物1階部分に浸水しても支障なく継続運用が可能。地震による建物や顧客機器への衝撃を抑える免震装置は建物2階の床下に設置されているため、浸水による性能劣化がなく、直下型地震により生じる上下振動を抑える制振装置も備える。

 電力は異なる変電所から異ルートで供給されるため、極めて高い信頼性を実現。さらに、大型の通信用耐震トンネル「とう道」に直結することにより、建物に引き込まれる通信ケーブルが地震や道路掘削などにより損傷する心配がない。建物内にはバックアップ電源を備えたレンタルオフィスも備えており、顧客はBCPソリューションを容易に実現できるとしている。

 また、西日本エリアのネットワークの中心拠点でIXを収容するNTT Comの既存データセンターとは、とう道を通じて光ファイバーで直結されており、低遅延かつ高品質なネットワーク接続が利用可能。これにより、高速・大容量のインターネットバックボーンや、「Arcstar Universal One」など全世界をカバーするネットワークサービスの利用だけでなく、世界中のNTT Comデータセンターやクラウドサービスを組み合わせたシームレスICT環境を構築できる。

 さらに、NTT Comでは2016年3月に、大阪市内のNTT Comデータセンター間を同一のデータセンターであるかのような環境で利用できるデータセンター間の接続サービス(最大10Gbpsのベストエフォート回線、または光ケーブル)を格安に提供開始する予定。

 コスト面でも、壁面吹き出し空調方式による冷却効率の向上、建物外気温を冷却に利用した間接外気冷房システムによる空調機の消費電力削減などにより、同エリアでNTT Comが提供中のデータセンターより低コストで利用できるとしている。

(三柳 英樹)