ニュース

クラウド向けITサービスの2013年市場規模は2024億円、IDC Japan調査

 IDC Japan株式会社は23日、IaaSやクラウド関連のSI/コンサルティングなど「クラウドサービス向けITサービス」の国内市場予測を発表した。2013年の市場規模は前年比37.8%増の2024億円で、2018年には3.3倍の6636億円になると予測。クラウドが国内ITサービス市場に与える影響は高まっており、2014年以降、クラウド関連以外のITサービス市場はマイナス成長になるとしている。

 IDC Japanでは、SI/コンサルティングや運用サービスなど人的能力を提供するITサービスを「クラウドサービス向けITサービス」と定義。また、IaaSやホスティング型プライベートクラウドなどを「クラウドホスティング」と定義し、クラウドサービス向けITサービスと合算した市場を「クラウドサービス関連ITサービス市場」として、市場調査を実施した。

国内クラウドサービス関連ITサービス市場 支出額予測、2013年〜2018年

 国内経済の成長、金融機関や官公庁/自治体における大型投資案件など、国内ITサービス市場は堅調に推移しているが、既存システム領域に対する投資は抑制傾向が強く、ITの効率化を促進するクラウドの影響が強まっていると分析。クラウドの発展に伴い、クラウドの導入/利用を支援するクラウドサービス向けITサービスの需要が高まっており、クラウドホスティング市場も高い成長が見込まれるとしている。

 一方で、多くのユーザー企業において、「クラウド」に対する期待はコスト削減であり、クラウド市場では、システム構築、特にインフラ領域では「工業化」が進むと共に、市場関係者間での「ノウハウ」の共有が急速に進んでいると指摘。クラウドサービス向けITサービス市場は、ユーザー需要が高く、高い成長が見込まれるが、ベンダーにはベストプラクティスを用いたサービス提供の効率化が求められているとしている。

 市場動向としては、2014年にはクラウド関連以外のITサービス市場は縮小へと向かい始めると予測。「ベンダーにとって、事業規模の大きな伝統的なITサービス事業は重要である。しかし、既存事業に固執するのではなく、成長領域であるクラウドに経営資源を振り向け、新規事業を開拓することが、ベンダーが生き残るためにも、成長するためにも必要である」と、IDC Japan ITサービスリサーチマネージャーの松本聡氏は指摘している。

 IDC Japan発行のレポート「国内クラウドサービス向けITサービス市場 2013年の実績と2014年〜2018年の予測」(J14310104)ではこのほか、国内クラウドサービス関連ITサービス市場の概況や動向の分析、クラウドの配備モデル/サービスセグメント別に2013年の実績と2014年〜2018年の市場予測をまとめている。また、クラウドサービスが国内ITサービス市場に与える影響について考察している。

(三柳 英樹)