ニュース

コンテックとミラクル・リナックス、高い耐環境性能を持つデジタルサイネージプレイヤー

 株式会社コンテックとミラクル・リナックス株式会社は、耐環境性能に優れたデジタルサイネージプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION DS220」を共同開発し、2月24日より受注開始すると発表した。

MIRACLE VISUAL STATION DS220

 「DS220」は、コンテックが開発した産業用コンピュータ「ボックスコンピュータ BX-220」に、ミラクル・リナックスのデジタルサイネージ向けソフトウェア「Embedded MIRACLE Digital Signage Edition」を搭載した製品。無風空間での動作性能試験で周囲温度0〜50℃を達成し、工業用製品のさまざまな環境試験に合格している「BX-220」の特性を生かしており、0〜50℃の過酷な温度で動作する耐温度性と、ファンレス、スリットレスによるすぐれた防塵性で、メンテナンスの負担を軽減できるという。また万一の障害時も、ハードウェアの自動復旧機能が働くとのこと。

 さまざま静止画・動画フォーマットや複数言語(日・英・中・韓)混在のテロップ表示に対応。標準装備の専用コンテンツ管理ソフト「EMPopMaker」では、シンプルな操作性で、コンテンツの作成からタイムテーブル、配信スケジュールの設定までを簡単に行える。作成したコンテンツは、USB媒体やネットワーク経由で配信できるほか、Webページをコンテンツとして利用可能なため、運用コストを軽減できるとした。

 さらに、LinuxのOSレベルからアプリケーションまでカスタマイズ可能なことから、ユーザーのニーズに応じて、カスタマイズ導入支援や導入後のサポートまでを提供するとしている。

 なお「DS220」は両社から販売され、ミラクル・リナックスでは「MIRACLE VISUAL STATION DS220」、コンテックでは「デジタルサイネージプレイヤー DS-220」の名称で取り扱われる。価格は、いずれもオープン。

(石井 一志)