ニュース

MBSD、脅威情報を利用した標的型攻撃対策クラウド「Secure Web Gateway」

 三井物産セキュアディレクション株式会社(以下、MBSD)は、PCやスマートデバイスなどの企業内端末をサイバー攻撃から守るクラウドサービス「MBSD Secure Web Gateway」を、3月1日より提供開始する。価格は個別見積もり。

 MBSD Secure Web Gatewayは、リアルタイムに更新されるIPやURLなどの大規模なブラックリストデータベース「脅威インテリジェンス」を、MBSDの知見をもとに活用することで、企業への標的型攻撃や未知の攻撃を早期に検出するサービス。企業内端末からの情報漏えいや、攻撃者からの悪意あるサイトへの誘導を防ぐという。

 具体的には、MBSDがクラウド上にセキュアな中継サーバーを置き、サービスの対象となる企業内端末のインターネット接続(HTTP)をチェックして、不正なサイトへのアクセスをブロックする。

 なお脅威インテリジェンスは、ウェブルートと提携し、同社の「Bright Cloud」を活用するとのこと。さらにMBSDでは今後、BrightCloudに加えて、自社SOCなどで独自に収集した情報や複数の脅威情報を統合・分析することで、国産企業による脅威インテリジェンスサービスの提供を目指すとしている。

(石井 一志)