ニュース

日本IBMとAdvantech、IoTプラットフォームとソリューション提供で協業

 台湾Advantechと日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は2日、IoTプラットフォームとソリューション提供における協業を発表した。協業により、Advantechが提供するPaaSソリューション「WISE-PaaS」を、IBMのクラウド基盤「SoftLayer」もしくはPaaS 「IBM Bluemix」と連携させ、ユーザー企業がIoT関連のアプリケーションを開発および実行する環境とすることが可能になる。

 AdvantechのIoT向けハードウェアソリューションは、シリアル通信、イーサネット、アナログI/O、デジタルI/O、ワイヤレスセンサノードなど、さまざまな物理インターフェースを介したセンサや機器からのデータ収集の実現をサポートする。「WISE-PaaS」は、これらのIoT向けハードウェアが収集したデータを活用するためのデータマネジメント機能や、ハードウェアの状態を監視するデバイスマネジメント機能を、RESTFul APIによってさまざまなクラウドサービスから利用できるようにする。

 両社は、「WISE-PaaS」「SoftLayer」「IBM Bluemix」の連携により、IoT機器とインターネットを接続するAdvantechのセンサーゲートウェイや、通信機能やセンサーなどを実装したセンサーノードから収集したデータをもとに、クラウド上で工場設備機器の稼働状況や環境を可視化し、保全を支援するスマートマニュファクチャリング市場向けのIoTソリューションとして提案を開始する。ソリューションは、日本IBMの顧客・ビジネスパートナー向け施設「IBM Client Experience Center」内の、「IoT Experience Garage」で体験できる。

 今後は、Advantechの持つさまざまな市場/アプリケーション向けハードウェアプラットフォームと、日本IBMが幅広い業界で培ったITシステムの実績やノウハウを組み合わせることで、スマートマニュファクチャリング市場に留まらず、IoT関連事業のビジネス拡大に向けて協力していくとしている。

(三柳 英樹)