ニュース

AMD、64ビットARMベースのデータセンター向けSoC「Opteron A1100」を発表

 米AMDは14日、64ビットARMベースのデータセンター向けSoC「Opteron A1100」の提供を発表した。

Opteron A1100

 「Opteron A1100」シリーズSoCは、AMDが提供する初の64ビットARM Cortex A57ベースのSoC。最新のARM Cortex A57コアを活用することで、データセンター向けSoCとして、ストレージ、ウェブおよびネットワークのワークロードにおいてバランスの取れたトータルコストを提供する。

 製品の仕様は、4MB共有L2キャッシュ、8MB共有L3キャッシュを搭載した、最大8基のARM Cortex A57コアを搭載。最大1866MHzをサポートするECC対応の64ビットDDR3/DDR4チャネル×2、10ギガビットイーサネット×2、8レーンPCI Express Gen 3、SATA3ポート×14を備える。

 製品ラインナップは、TDP 32W/8コア/L2キャッシュ4MB/クロック2.0GHzの「A1170」、TDP 32W/8コア/L2キャッシュ4MB/クロック1.7GHzの「A1150」、TDP 25W/4コア/L2キャッシュ4MB/クロック1.7GHzの「A1120」の3種類。

 また、AMDではSilver Lining Solutions(SLS)のファブリック・テクノロジーを、「Opteron A1100」シリーズを搭載した高密度サーバー設計に組み入れるため、SLSと協力。この取り組みの対象となるのは、クラウドデータセンターとハイパースケールデータセンターでのストリーミング、ウェブおよびストレージワークロード。SLSのファブリックインターコネクトは、低レイテンシーで電力効率の高い60Gbpsスイッチングファブリックを備え、PCI Express拡張カードまたはスタンドアローンのASICとして、カスタムのサーバーアプリケーションで利用できる。

(三柳 英樹)