ニュース

アズジェントとトレンドマイクロが協業、サイバー攻撃の可視化・分析サービスを提供

 株式会社アズジェントとトレンドマイクロ株式会社は19日、サイバー攻撃の可視化・分析サービスについて協業すると発表した。標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃の可視化や、企業のセキュリティ対策運用担当者の負担軽減を目的に、両社の製品・サービスを組み合わせたソリューションを提供する。

 具体的には、組織内のネットワークを監視し脅威を検知するトレンドマイクロの「Deep Discovery Inspector」と、アズジェントが提供するセキュリティオペレーションセンター(SOC)による監視サービスを組み合わせ、24時間365日体制のネットワーク監視・運用支援サービス「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス for Deep Discovery Inspector」(以下、セキュリティ・プラス MSS for DDI)を、6月19日よりアズジェントが提供開始する。

 トレンドマイクロのDeep Discovery Inspectorは、HTTPやSMTPだけでなく、さまざまなアプリケーションプロトコルをカバーするネットワーク監視製品。静的解析、動的解析、振る舞い検知の3つの手法を用いてログ情報を相関分析することで、トラフィックの全体像を可視化し、組織内部に潜む脅威を検知できる。

 今回提供される「セキュリティ・プラス MSS for DDI」では、SOCのセキュリティ専門アナリストが、Deep Discovery Inspectorの各種ログを継続的かつ相関的に24時間365日監視・分析し、攻撃や侵入の可能性が高いと判断されたセキュリティイベントを通知してくれる。また、Deep Discovery Inspectorの稼働監視と各種チューニングを行うとともに、インシデント対応状況をまとめた報告書を提供するとのこと。

 これにより、Deep Discovery Inspectorの持つ検知能力が十分に発揮できるようになるほか、自社でSOC機能を持つことなく、セキュリティ専門家の知識を利用して、24時間365日の運用監視を行えるようになるとした。

 価格は月額41万円(税別)から。アズジェントでは、初年度に1億円の販売を見込んでいる。

(石井 一志)