OSSを扱うインテグレーターなどを認定する団体「BOSS-CON JAPAN」7月設立


 BOSS-CON JAPAN発起人会事務局は22日、オープンソースソフトウェア(OSS)を扱うシステムインテグレーターなどを認定する団体「BOSS-CON JAPAN」を設立することを発表した。同日に設立メンバーの募集を開始し、7月2日に設立する。

 BOSS-CON JAPANでは国内にメーカーのないOSSについて、メーカーにかわって第三者として、認定パートナープログラムやパートナーへのバックエンドサポートを提供する。

 実際の活動はBOSS-CON JAPAN内にソフトウェアごとのコミュニティを設立して進め、全体を理事会が統括する。初年度コミュニティとしては、Alinous OSSアプリケーションズ、PHP セキュリティ・アライアンス、Railsアドバンスド・パートナーズの3つが予定されている。

 理事会メンバー候補としては、理事長に吉政忠志氏(吉政創成株式会社)、副理事長に永原篤氏(株式会社オープンソースワークショップ)と川井健史氏(株式会社コンテンツワン)を予定。ほか、杉本等氏(株式会社パドラック)、Alinous担当の飯塚友裕氏、PHP担当の大垣靖男氏、Rails担当の小川伸一郎氏が理事に、吉田行男氏(株式会社日立ソリューションズ)が監査役となる。

BOSS-CON JAPAN理事長候補 吉政忠志氏(吉政創成株式会社) BOSS-CON JAPAN発起人会事務局
関連情報
(高橋 正和)
2012/5/23 12:02