ニュース

グラスフィアジャパン、インテリジェントPoEスイッチに静音ファンレスタイプ2機種を追加

 株式会社グラスフィアジャパンは16日、インテリジェントPoEスイッチシリーズについて、「24ポートPoE+2GigaSWタイプ(GJ-IS26G2P24-19L)」「16ポートPoE+2GigaSWタイプ(GJ-IS18G2P16-19L)」の2機種を静音ファンレスタイプにバージョンアップしたと発表した。

24ポートPoE+2GigaSWタイプ(GJ-IS26G2P24-19L)
16ポートPoE+2GigaSWタイプ(GJ-IS18G2P16-19L)

 従来、静音ファンレスタイプだった「8ポートPoE+2GigaSWタイプ(GJ-IS10G2P8-13L)」に、新たに2機種を静音ファンレスタイプとして追加した。

 ネットワークIPカメラやIP電話機、無線アクセスポイントなどの普及に伴い、日本国内でもPoEスイッチが広く普及するようになり、それに伴って低価格化が進んできたが、本社IT部門が遠隔で制御が可能なインテリジェントPoEスイッチは依然価格が高く、高機能機種ではファンが設置されている事が多く、「地方拠点や遠隔地店舗に導入するにはハードルが高い」という声があったという。

 グラスフィアジャパンでは、企業向けのインテリジェントタイプPoEスイッチで、静音ファンレス設計の3ラインナップをより導入しやすい価格帯で実現。これにより、遠隔地や社内に設置したネットワークIPカメラやIP電話機といったPoE端末機器を、遠隔地からのポートリブートや状態監視などにより、スムーズな運用を実現できるとしている。

(三柳 英樹)