ニュース

シマンテック、サイバー攻撃の攻撃元情報を提供する「DeepSight Intelligence services」

 株式会社シマンテックは16日、攻撃元情報の提供を行う新サービス「DeepSight Intelligence services」の日本での提供を開始した。

 DeepSight Intelligence servicesは、センサー群やコミュニティ、大量のメールなどから蓄積したビッグデータを利用して脅威の傾向をグローバルに把握する「Symantec Global Intelligence Network」からの情報と、DeepSight Intelligenceチームによる精密な解析を組み合わせ、顧客が必要とするサイバー攻撃者情報、手口、キャンペーン、被害状況など、脅威に関するあらゆる情報を提供するサービス。

 提供サービスには、MATI(Managed Adversary and Threat Intelligence)と、Directed Threat Researchの2種類のソリューションが含まれる。

 MATIは、攻撃者の動向を監視することによる脅威のライフサイクルを予測する能力(早期警戒)を持ち、攻撃者の正体とその動機に焦点を当て、先行指標として、エグゼクティブ、セキュリティアナリスト、およびネットワーク担当者を支援するための戦略的かつ戦術的なインテリジェンスを提供する。

 Directed Threat Researchは、企業に固有の疑問や要望に対処する個別のレポートで、豊富な経験を利用できるシマンテックのインテリジェンスアナリストチームが、Symantec Global Intelligence Networkから収集した知見により、モニタリングに基づいて脅威のライフサイクルを予測(早期警戒)。経営幹部や脅威アナリスト、ネットワークセキュリティ担当者をサポートする戦略的・戦術的インテリジェンスを提供する。

 MATIとDirected Threat Researchレポートは、DeepSight Intelligenceのポータルサイトと、最近提供を開始したDeepSight Intelligence APIを通じて利用が可能。DeepSight APIは、情報の自動取得とセキュリティアプリを通じた利用が可能で、ポータルサイトによりセキュリティアナリストが利用しているものと同一の情報にアクセスすることが可能となる。

(三柳 英樹)