ニュース

NEC、SDNを利用した8K高精細映像の伝送実験、さっぽろ雪まつりの映像を大阪に伝送

 日本電気株式会社(NEC)は4日、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と共同で、2月5日から開催される「さっぽろ雪まつり」の8K高精細映像のライブ中継を、SDNを利用して伝送する実証実験を実施すると発表した。

 実証実験では、世界で初めてSDNを活用したネットワーク上で24Gbps超の伝送容量を実現し、8K映像をストリーミング配信。また、データを送信する際には、IPsecによるセキュリティ対策を施し、高い秘匿性を実現する。

SDNを利用した8K高精細映像配信の伝送実験の概要

 試験用ネットワーク上に、NECのSDN対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」のSDN対応コントローラー・スイッチや、各種のネットワーク装置を2拠点(札幌、大阪)に設置。北海道テレビ放送などの実験参加組織と協力し、「さっぽろ雪まつり」の8Kライブ映像データを大阪(グランフロント大阪内のナレッジキャピタル)に設置したパブリックビューイングモニターに配信する。

 さらに、統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」の自動制御機能と「UNIVERGE PFシリーズ」を連携させ、ワンクリックで映像配信ネットワークの制御を可能にする。これにより、IT基盤運用管理者だけでなく利用者の要求に従い、セキュリティやネットワークの各種専用機器の組み込みや切り替え、配信元から配信先までの配信経路の切り替え、マルチキャスト/ユニキャストなど配信方式の変更をオンデマンドで短時間に実施でき、ネットワーク接続端末の設定変更負荷を軽減できることも検証する。

(三柳 英樹)