ニュース

三菱電機ビジネスシステム、関数型暗号を利用した機密情報ファイル交換サービス

 株式会社三菱電機ビジネスシステムは25日、関数型暗号とクラウドサービスを利用した機密情報ファイル交換サービス「パッケージプラス トランスポーター」の提供を開始した。

概要イメージ図

 「パッケージプラス トランスポーター」は、企業間の機密情報ファイル交換を安全に実現するサービス。三菱電機の「関数型暗号」により、暗号文のアクセス権限を制御する機能を暗号文自体に組み込んでおり、仮に復号のための鍵を持っていても、指定された所属や役職などの属性が変われば、復号できなくなるようになっている。

関数型暗号イメージ

 サービスは、三菱電機スマート制御クラウドサービス「DIAPLANET」上で提供。製品は、機密情報を交換するためのクライアント用ツール「ファイル交換ツール通常版/簡易版」と、利用者・相手先の情報等を設定するツール「権限管理ツール」で構成される。

 サービス提供価格(税別)は、月額4000円(5ID単位)から。動作環境は、Windows 10/8.1/7、Windows Server 2012 R2/2012/2008 R2/2008。

(三柳 英樹)