ニュース

ユニアデックス、クラウド管理型エンドポイントセキュリティ「Cisco Advanced Malware Protection for Endpoints」を販売開始

 ユニアデックス株式会社は14日、シスコシステムズのエンドポイントセキュリティーソリューション「Cisco Advanced Malware Protection for Endpoints」の販売を開始した。

 国・地方自治体・企業の社内インフラを攻撃対象とした標的型攻撃は、増加するとともに、日々新たな攻撃手法が生み出されています。これまでの防ぐための対策だけでなく、万が一の侵入においては、いち早く把握・検出を行い、適切な対処を行うことも重要な課題となっています。

 Cisco Advanced Malware Protection for Endpointsは、従来型の対策で用いられる脅威の侵入防御、サンドボックスによるマルウエア分析機能に加え、侵入を許した際に被害を最小限に留めるインシデントレスポンス機能を提供。最新の脅威から顧客の情報資産を強力に保護する。

 また、すべての管理機能をクラウドで提供するため、管理用のサーバーが不要。セキュリティ管理者はインターネットに接続できるPCやスマートデバイスがあれば、場所を選ばすに適切な対応を取ることができる。

「Cisco Advanced Malware Protection for Endpoints」の導入イメージ図

 ユニアデックスでは、顧客の要望に基づいた情報セキュリティに関するポリシー変更などの運用管理サービスを提供おり、今回、防御・検知・分析・排除の対応をセキュリティの運用サイクルに含めた「運用管理サービス」も合わせて提供する。

 運用管理サービスでは、ヘルスチェックサービスとして、定期的に顧客環境を確認し、異常発生時には顧客環境にリモートで接続を行い、復旧支援を行うサービスを提供する。Cisco Advanced Malware Protection for Endpointsはクラウド環境で管理するため、顧客に代わって運用を行うことが可能。また、マルウエア解析サービスとして、顧客から預かった不審なファイルを解析し、レポートを提出するサービスを提供する。

 Cisco Advanced Malware Protection for Endpointsの価格は、100ユーザーで110万円(税別)から。ユニアデックスでは、すでに同製品を利用している企業や新規導入企業を中心にサービスを拡販し、製品と「運用管理サービス」を合わせて、3年間で50ユーザーを目指す。