米Red Hat、クラウド相互運用性プロジェクト「Deltacloud」を開始


 米Red Hatは9月3日(米国時間)、クラウドの相互運用性を確保するためのプロジェクト「Deltacloud」を発表した。共通のAPIを策定することで、開発者は一度アプリケーションを作成するとどのクラウドでも管理できるようになるという。

 現在、サービスとして提供されるインフラ(クラウド)は独自のAPIを持ち、相互運用性がないが、Deltacloudは共通のAPIによって、開発者、ツール、スクリプト、アプリケーションのエコシステムを確立する。パブリックとプライベートの両方のクラウドに対応する。

 クラウドブローカー、APIをマッピングするドライバーを提供。APIはRESTベースで、セルフサービスのWebコンソール「Deltacloud Portal」を持ち、米Amazonの「Elastic Compute 2(EC2)」などのパブリッククラウド、Red HatのKVMベースのクラウドや米VMwareベースのクラウドに利用できる。

 APIとDeltacloud PortalはLGPL、GPLの下、無償で公開する。Red Hatはまた、DeltacloudのAPIをクラウドに容易に追加できる「Deltacloud Framework」も提供する。



(Infostand)

2009/9/7 09:00


Enterprise Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.