2014年4月18日

2014年4月17日

2014年4月16日

2014年4月15日

2014年4月14日

米Intel、8コアXeon「Nehalem-EX」の情報を公開


 米Intelは5月26日(米国時間)、マルチプロセッサ(MP)システム向け次期Xeon「Nehalem-EX(開発コード名)」の概要を公開した。

 Nehalem-EXは、Nehalemマイクロアーキテクチャを採用した4Way以上のサーバー向けプロセッサ。プロセッサあたり8つのコアと24MBのシェアードキャッシュを搭載。ハイパー・スレッディング・テクノロジーに対応しており、4Wayシステムの場合、32コア・64スレッドでの動作を実現する。メモリは、プロセッサあたり16枚のDDR3メモリを搭載可能。


Nehalem-EXの概要。8つのコア、4つのQPIを搭載。キャッシュは24MBのシェアードキャッシュとなっている 4Wayシステムでの構成例 8Wayシステムでの構成例。64コア・128スレッドのシステムを実現

 また、Nehalem-EXでは、RAS(信頼性、可用性、保守性)機能を拡張。MCA(Machine Check Architecture)Recoveryと呼ばれるこの機能は、CPUやメモリ、I/Oのエラーを検出すると、OSと共同でエラーを修正し、致命的なシステムエラーを回復するというもの。機能の詳細については現時点では不明だが、MicrosoftやNovell、Red Hat、VMwareなどのOSベンダーなどからMCA Recoveryに対する賛同が寄せられている。


現行のXeon 7400番台との機能比較 現行のXeon 7400番台とのパフォーマンス比較 新たに採用されるMCA Recovery

 Nehalem-EXは、2009年下期の出荷が予定されている。





福浦 一広

2009/5/27 09:00


Enterprise Watch ホームページ
Copyright (c) 2010 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.