Enterprise Watch
最新ニュース

最新ニュース

【 2012/11/30 】

【 2012/11/29 】

【 2012/11/28 】

日本オラクル、450種類のデータ閲覧に対応する可視化アプリケーション


AutoVue Enterprise Visualization 19.3の画面イメージ

製品戦略統括本部 アプリケーションビジネス推進本部 本部長の塚越秀吉氏
 日本オラクル株式会社は9月17日、同社の製品ライフサイクル管理(PLM)製品群を構成する可視化アプリケーション「AutoVue Enterprise Visualization 19.3」(以下、AutoVue)を発表した。同日より提供を開始する。

 AutoVueは、電子機器、半導体製造、工作機械、自動車メーカーなどで使用されている3次元CAD型式のネイティブデータを閲覧、および共有することが可能なビジュアライゼーションツール。19.3というバージョン番号が示す通り、AutoVueは20年以上前から実績を重ねた製品で、カナダCimmetry Systemsによって開発されたが、その後2005年に米Agile Softwareが同社を買収。さらに米Oracleが2007年にAgile Softwareを買収したという経緯がある。Oracleが自社製品としてAutoVueの新バージョンを発表したのは今回が初。

 AutoVueの最大の特長は、豊富なファイル型式への対応により、情報共有の簡素化とライセンスコストを削減できる点にある。「AutoCAD」「CATIA」「Pro/ENGINEER」「Solid Edge」などの3次元CADのみならず、Microsoft Officeのようなビジネスアプリケーションもサポートし、450種類以上のファイル型式に対応している。バージョン比較や検証の機能によって、現場の利便性と生産性を向上することもできる。さらに、Webブラウザベースのコラボレーション機能によって、製品開発のデータを中心として、パートナーやサプライヤーとのコミュニケーションに、特別なインフラを整備する必要がない。

 「製品開発チーム以外のメンバーがデザインレビューをしたいという需要はある。本来3次元CADまでは必要ないが、デザインレビューのためだけに3次元CADを利用していることも多い。AutoVueなら、ライセンス料を約5分の1に抑えることができる」と、製品戦略統括本部 アプリケーションビジネス推進本部 本部長の塚越秀吉氏は語る。


 ほかの3次元CADのデータを閲覧可能なビューアには、閲覧のために中間ファイルを作成することが多い。しかし、AutoVueは中間ファイルを作成せず、レンダリングを専用のAutoVueのサーバーが処理し、結果のみをクライアントに送信する。ローカルにデータをダウンロードするのを制限できることから、情報漏えいリスクを抑える効果がある。さらに、閲覧するたびに実データに直接アクセスすることになるため、最新の情報を的確に閲覧することができる。

 塚越氏は「当社はビューアの専用ベンダーではない。製品だけではなく、ビジネスのプロセスを意識した利用イメージも合わせて発表していくことになる」と述べ、今後はオラクルのPLMアプリケーション「Agile PLM」や、ERPパッケージ「Oracle E-Business Suite」との組み合わせを提案していくという。また、AutoVueは単独のソリューションとしても提供されることから、OracleのPLM製品を採用している企業のみならず、ほかのPLMを利用している企業にとってもメリットがあるとした。

 価格は、1ユーザーあたり1万3125円で、最小250ユーザーから購入できる。



URL
  日本オラクル株式会社
  http://www.oracle.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.oracle.co.jp/news_owa/NEWS/news.news_detail?p_news_code=1904


( 北原 静香 )
2008/09/17 16:52

Enterprise Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.