Enterprise Watch
最新ニュース

最新ニュース

【 2012/11/30 】

【 2012/11/29 】

【 2012/11/28 】

ディーネットとクラスキャット、Cobalt QubeのソフトウェアをIBM xSeriesにプリインストールしてレンタル提供


 株式会社ディーネットと株式会社クラスキャットは、「Sun Cobalt Qube 3 Plus」搭載ソフトウェアに独自の開発を加えた商用パッケージ「ClassCat Cute Server Manager Standard Edition 1.0」を、日本アイ・ビー・エムの株式会社の「eServer xSeries」にプリインストールしたレンタルサーバー「CobaX Enterprise Edition」を1月20日より販売する。

 アプライアンスサーバーのSun Cobalt Qube 3 Plusに搭載されていたソフトウェアは、2003年7月にコードが発表され、オープンソース化されていた。CobaX Enterprise Editionは、これにクラスキャットが独自開発を加えてRed Hat 7.3/Enterprise Linux AS 2.1に移植したパッケージを、eServer xSeriesにプリインストールした1Uサイズのレンタルサーバー。ユーザーやグループ、メール、Webのほか、バックアップやアクティブモニターといった管理機能を備えており、Webサーバーとしての基本ソフトウェアコンポーネントの運用管理をWebブラウザ上で行える。

 価格は、Celeron 2.0GHzと40GB HDD×2、メモリ512MBを搭載したベーシックモデルで初期費用138,000円、月額59,800円、Pentium 4 2.8GHzと40GB HDD×2、メモリ512MBを搭載したxSeries 305を用いたスタンダードモデルで初期費用148,000円、月額69,800円、Pentium 4 2.8GHzと80GB HDD×2、メモリ1GBを搭載したxSeries 305を用いたスタンダードモデルで初期費用158,000円、月額99,800円。

 全モデルでIDE RAID1構成となっており、米Symantecのエンジンを利用するディーネット提供のメールウイルスチェックサービス「VIRUS GUARDMAN」の100メールアドレスライセンスが付属する。OSにはRed Hat Linux 7.3を採用している。

 なお両社では無料モニターを50台限定で2月20日まで募集している。



URL
  株式会社クラスキャット
  http://www.azi.co.jp/
  株式会社ディーネット
  http://denet.ad.jp/
  ニュースリリース
  http://www.classcat.com/news2003/nr_denet_cobax.html
  IBM eServer xSeries
  http://www-6.ibm.com/jp/servers/eserver/xseries/
  VIRUS GUARDMAN
  http://vg.denet.jp/


( 岩崎 宰守 )
2004/01/20 11:40

Enterprise Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.